,
車中の猫たちを救うために
2008年2月16日追記:
本日、ホームレスさんが緊急入院しましたので猫達は解放され、
不法投棄車両撤去問題以外は解決に向かっています。ありがとうございました。


2008年3月5日追記:
車中の猫たちを苦しめた檻と不法投棄車両3台が撤去されました!
ご尽力いただきました関係者の方々、応援してくださった皆様へ感謝いたします。
ありがとうございました。


-------------------------------------------------------------------------------------------



姫路車中の猫30匹SOSより緊急のお願い!


                    1188028813_3592_1.gif

             1202166000_42_5_tn.jpg


  一時は40匹を越した車中の猫ですが、お陰様で残すところあと6匹となりました。
  しかし、ホームレスさんは避妊手術を拒否し繁殖することを計画しています。
  今いる猫達を手離す気もなく、このままでは猫達は再度車中の灼熱地獄を味わい、
  ジャンプすることも寛ぐことも出来ない空間で一生を閉じなくてはなりません。
  また、現場は捨て猫の多い地帯ですので、春になれば沢山捨てられます。
  ホームレスさんは拾い集めコレクションし、食べる為の道具に使うでしょう。
  このままでは、延々と同じことが繰り返されてしまいます。


             1202166000_42_2_tn.jpg


そこで皆様にお願いがあります。
2台の放置車がある為に、この子達は解放されずに不衛生な狭い檻に入れられています。
車が撤去できれば、この不幸の連鎖は断ち切れます。


        ■ どんな些細な事でも結構ですので、
          放置車両撤去方法のアイデアをお聞かせください。

       ■ 行政に通じていらっしゃる方、ぜひお力をお貸しください!
         (現場は姫路市の公園です。)



今ここで踏ん張らなくては、不幸な猫たちは減りません。どうかご協力をお願いいたします。


             1202166000_42_3_tn.jpg
                        助けてください



-------------------------------------------------------------------------------------------




                  bana-1.gif

            - ホームレスキャットについて -


これまでの経緯

<出会い>

ホームレスキャットの現場を知ったのは2003年の6月、迷子犬の捜索に行ったときでした。
当時は数名のホームレスさんが生活しており、公園の猫を可愛がっていました。
それから、週3回ほど公園に行き猫への餌やりや、病気などのチェックをしていました。

2004年の2月くらいまでは、それなりに仲良くし問題もなくお付き合いしていましたが、
この辺りから、ホームレスさんより生活支援をしてくれと遠回しに言い出しました。
昨年までは仕事も月に何度か行きそれなりに生活をしていたのですが働かなくなった様
です。2004年5月くらいからは、更に態度に変化が現れ支援への強要がみられました。

2004年6月に公園猫のチョコちゃんの預かりさんが見つかり、ホームレスさんには
前もって了解を取り付けていたのですが、お届けの前日に公園に行くと引き渡しを拒否され
そこで口論となり、公園への出入りも禁止、猫達への面会も拒絶されました。

その後、他のホームレスさんは自立して11月に公園を出て行きましたが、その方に聞く
ところによりますと、2004年に入ってからはまったく仕事もしないで自分達の働いたお金を
目当ての生活、これ以上は自分達もやっていけないのでここを出て自活すると言い残し
去って行かれました。


<2006年5月より変化が>

公園への出入りは禁止されましたが、全くご飯にありつけなくなった公園猫達が気になり
ホームレスさんにわからない様に餌場を作り何とか凌いでいました。
あまりにフードの減りが早いので、狸やイタチが食べていると思っていたのですが、どうやら
ホームレスさんが、自分の猫の食べ物に困り、餌場のフードを取りに来てたらしく、ある日
鉢合わせになり慌てて逃げていく姿を見ました。

最初は頭に来たので隠れて現行犯で現場を押さえようかと思いましたが、よく考えてみれば
ホームレスさんは常時ここで猫達と生活しているけど、私はたまにしか餌やりに行けない。
そこで、餌やり協力のお願いを書いた手紙をフード入れに貼り付け、予備フードを一緒に置
いておいた結果、二度とフードの持ち去りが無くなりました。
その後、予備のフードを廃車の中に置いてくれたり、フードが無くなれば追い足してくれたり
と、まだ直接に会話をするまでには至ってなかったのですが、一歩前進しました。


<2006年9月28日に和解成立>

この日はホームレスさんより話しかけてきて、出入り禁止後はじめて会話しました。
9月30日の未明に兄が交通事故に遭い、大阪まで行くことになったので早朝に1ヶ月分
のご飯を持って行き猫の世話を頼む事も出来ました。
私の癌による体調不良に伴い餌やりに行けない時もありましたので、その様な時には
まとめてお願いも出来るようになりました。


<2007年2月半ばより里親募集開始>

そして、2007年2月の半ば頃より猫の里親募集と避妊・去勢の話し合いを勧めてようやく
了解を取り付ける事に成功。手術などの医療が済み次第、募集を始める事になりました。

2007年2月の里親募集スタートと共に、里親さん・預かりさん、そしてご支援で協力して
くださる方や、広報などを手伝ってくれるサポーターさん達も続々と現れ、一時期は30匹
SOSから40匹を越した時期もありましたが、3匹の未去勢と1匹の未避妊を残しその他
全員に不妊手術などの医療を施すことが出来ました。
里親さん、預かりさんとして助けてくださった方、ご支援で支えてくださった方、いろいろな
方法でホームレスキャットの活動を広めてくださった方、皆様には心より感謝申し上げます。


               1181347259_42_4.jpg



トラブル発生

<2007年11月 事件勃発>

2007年11月に、車中の唯一の未避妊の子猫チャミちゃんを、サポーターさんが預かり
里親募集をしてくれることになりました。その前より、少し態度に異変があり毎日言うことが
変わったり、機嫌もあまり良くなかった様に思えたので引き出すチャンスを伺っていました。

ちょうどその頃、猫の集会場でサポーターさんが猫達の里親募集用の写真撮影ボランティアを呼びかけてくださっていて、「猫の集会場」直営 ネコネットさんのご協力のもと、11月16日に野良にゃん写真集のkochiさんが、姫路まで撮影にお越しくださることになりました。
知らない人が訪問すると機嫌が良くなることに着目し、その日にチャミちゃんを引き出す計画を立てました。前日の夕方、ホームレスさんに「明日、カメラマンさんが来られた時にチャミちゃんを連れて帰るからね。」と確認した際は、「わかった。」という返事でした。

ところが、チャミちゃん引き出し当日に断固拒否。
理由は、「○○ちゃん(実在人物かどうかは不明)が、この子とこの子(チャミちゃんと
チャロくんを指差して)を欲しいと言ってるので、勝手に渡すと怒られるからあげれない。」
と言いだしました。
前日に公園を去ったのは、夕方遅くで当日は朝から公園にいましたので、その間に
○○ちゃんが来たとは考えにくく、こちらの方が先に声を掛けているのにおかしいとは
思いましたが、ここでトラブルと、また前回のように出入り禁止に結び付いては猫達が
犠牲になりますので、その日はチャミちゃんの引き出しを諦めました。
当時、車中の檻と助手席に繋いで飼ってる猫合わせて十数匹。
うち、チャミちゃん以外の雌猫は、全員避妊済みでしたが、その後、最後に生まれた
7匹の仔猫は全員出さない、ワクチンも不妊手術も受けさせないと言い出しました。


<2007年12月 引き出し隊結成>

このままでは、せっかく減った車中の猫も、また春になれば繁殖していまいますので、
知らない人が訪問すれば甘くなる点をつき、引き出し隊を結成することになりました。

2007年12月の暮れから2008年の2月の間、サポーターさんが里親さんの振りをし、
ホームレスさんのご機嫌伺いにお土産持参で、チャミちゃん引き出しのため、現地に
代わる代わる4組乗り込みました。
やはり、「○○ちゃんにあげる約束をしているから。」とチャミちゃんの譲渡を拒否する
ので、せめて他の子を助けようと、大人猫2匹、中猫1匹、そして当初出すのを拒否
された仔猫のうち4匹まで引き出すことに成功。車中の檻の中の猫は残すところ6匹
となりました。しかし、未避妊のチャミちゃんは、未去勢の雄とまだ車の中にいます・・・。


<2008年2月 冷戦状態>

前回のフード持ち逃げを抑えられているだけにホームレスさんも出入り禁止とは言い出し
にくいのかも知れませんが、現在冷戦状態にありフードを置いてくるだけになっています。
猫達は、3ヶ月間も風邪をこじらせており薬や目薬なども渡してありますが、一向に投薬
してくれる気配はありません。それどころか、猫達を病院に連れて行くのも拒否。
「もう、触るな、何もするな。」の一点張りで、このままでは猫達の健康も、繁殖も気掛かり
でなりません。解決策を手探りで探していますが、猫を救出し車を撤去に追いやる決め手が
ありません。お願いです、何か良いお知恵がありましたら、どうぞご教示ください!


<2008年2月16日追記 猫たち解放されました!

ホームレスさんが緊急入院し公園には戻れなくなりました。
そして、もままに猫達のことを一任しました。緊急預かり様・里親様募集をしたところ、
車中の残り全ての子が脱出することが出来ました!ありがとうございました。
残るは、放置車両の撤去です。


              20080211-1.jpg
                 写真協力 Street Cat's kochi様


猫達の背景

2008年2月現在、車中の檻に6匹、そしてホームレスさんが寝泊りしている車に4匹、
車の回りに侍らせている猫が8匹ほどいます。”侍らせている猫”とは、繁殖し檻の中に
入りきらずに、お気に入りでない子を外へ放り出した猫達のことです。
普通の人からすれば多すぎると感じるのが当たり前なのですが、ホームレスさんは、
猫コレクター(一種の病気)であり、そして猫で一部生計を立てています。


<生計とは?>

猫達が暮らす廃車の近くには球場や釣り場がある為に一定の人通りがあるのですが、
かわいい猫がいると、特に仔猫がいると自然と人が寄って来ます。そして、その人達から
食べ物の差し入れを貰って暮らしているらしいのです。
変な表現になりますが、既に固定客も付いています。そして、その人達は猫と遊ぶのが
目当てでもありますので、ホームレスさんにとっては猫は不可欠な存在です。


<その他の理由>
誰かが、車の中に猫を沢山飼っておけば車の強制撤去は免れると吹き込んだそうです。
現実に、どこかでホームレスの方達が立ち退きを迫られた際に、動物を飼っている人
だけが免れたというのを、TVの中でホームレスさんが公言したそうです。
そこからの情報だと思われます。

また、猫がいると知らない人から喋りかけて貰えるので嬉しいという一面もあります。
これに関しましては、今の日本の社会の問題点とも言えますが、やはり自己中心的な
考えでもあると思います。まして、そんな沢山の猫が必要でしょうか?
同じ公園内に車で生活しておられる方はいらっしゃいますが、皆さん働いておられ
猫を食い物にしているのは、檻で猫を飼っているホームレスさんと、たまに現れるという
猫○○業者だけです。(悪意のある検索に引っ掛からないように○を使いました。)


<ホームレスさんの狙い>
いろんなことを総合的に考えますと、大人猫より仔猫の方が人集めでき収入に繋がる
という点に行き着きます。最後の未避妊の雌猫を残し、また新たに猫達を揃えようとして
いるのは明らかです。どうか、不幸の連鎖を止めるためお力をお貸しください!



               1195270498_4513_5.jpg
                  写真協力 Street Cat's kochi様 


参考資料


猫達が置かれている現場の状況 是非、ご覧下さい。
 これが、可愛がっていると言えますか?


野良にゃん Diary カメラマンkochiさんの視点からみた現地


Street Cat's Slide Show Ⅱにてkochiさんプロデュース (Special Thanks)
 『そこはかとない哀しみ 姫路車中SOSより』 のフラッシュがご覧いただけます。


現地レポ サポーターさんの現地レポ


ぼくのこと サポーターさんがある猫の気持ちを代弁した詩 


里親募集:経緯 トラブルが起こる前に書いた旧経緯です。



               20071220-501.jpg



どうか無事に猫達が救出でき、檻の設置された不法投棄車両を撤去できますよう、
どんな些細な情報でも結構ですので、下のメールフォームよりお知らせください。
猫が猫らしく生きるために手を差し伸べてください。ご協力よろしくお願いします。



もままへ情報提供はこちらからお願いします

応援ポチをお願いします 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ ありがと○┓
thema:動物愛護 - genre:ペット

SOS! CM(13) TB(0) top▲

COMMENT


 管理者にだけ表示
No.1317 No subject
かわいそうな猫たちが一刻も早く幸せになれますように・・。
これは、虐待に入るので動物保護法が適用されませんか?
行政、警察は動いてくれないのですか?
あと よくわかりませんが 不法投棄の車両は警察に届けるのではなかったでしょうか?
2008/02/06(Wed) | shige | URL | Edit | top▲
No.1318 No subject
>shigeさん、はじめまして。貴重なご意見を、ありがとうございました。
 愛護関係の方に相談しましたが、去年の夏なら虐待にもなったかも知れないけど、
 今は檻のなかに6匹しかいないし暑くないのでので難しいとのことです。 
 不法投棄の車両の手続きですが、大手のスーパーが弁護士などをつけても
 たいへんな作業だったのをネットで見ました。
 場所が私有地なら良かったのですけど、市の土地なので余計に頭を抱えています。
 猫達を心配してくださってありがとうございました。良い方向に向く様がんばります。
2008/02/07(Thu) | キョロ | URL | Edit | top▲
No.1320 おはようございます。
キョロさん。
先日、おじゃまさせて頂きましたnanaです。

こちらこそ、リンクして頂いて有難うございます^^

ところで、うちの近所に20匹の猫と暮らす初老のご婦人がいらっしゃいます。
捨て猫をみると、可愛そうで、どうしても拾わずにはいられないそうです。
生活も切り詰め、20匹すべて去勢もされてるのですが・・・
以前は市が多少なりとも強力的だったけど、
今は野良猫にはまったく無関心とのこと・・・
キョロさんみたいなかたが、沢山いらっしゃるのに、悲しい限りです。
わたしもみじかな問題としてブログで取り上げていきたいと思ってます。
2008/02/07(Thu) | nana | URL | Edit | top▲
No.1321 No subject
>nanaさん、こんにちは。
 老人の方が、ご自分の年金を切り詰め猫に一生懸命されているお話などを聞くと、
 なぜ良い人がバカを見て、捨てる人間はシャーシャーと生きているのか疑問を感じます。
 市や自治体は、目の前の猫の処分にばかり執着し、根本的な解決策(TNRなど)に熱心
 ではありません。地域猫化が、もっと進んで欲しいです。

 
2008/02/07(Thu) | キョロ | URL | Edit | top▲
No.1322 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/07(Thu) | - |  | Edit | top▲
No.1323 No subject
>鍵コメさん
 本当に助かります。ありがとうございます!
 体に気をつけてがんばりますね。
 
2008/02/07(Thu) | もまま | URL | Edit | top▲
No.1341 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/14(Thu) | - |  | Edit | top▲
No.1342 No subject
>鍵コメさん
 エールをありがとうございましたv-22
 猫たちの為にがんばりますね。
2008/02/14(Thu) | もまま | URL | Edit | top▲
No.1343 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/14(Thu) | - |  | Edit | top▲
No.1344 No subject
>鍵コメさん
 具体的な案をどうもありがとうございます。たいへん参考になりました。
 やはり、行政にお願いするしかないと思い、いろんな方向から動いてはいるのですが、
 なかなか突破口まで辿り着くことが出来ません。
 でも、猫たちを救済するために、出来るだけ良い方向へ向かえる様がんばって
 いきますので、これからも、応援よろしくお願いいたします。
2008/02/15(Fri) | もまま | URL | Edit | top▲
No.1381 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/18(Mon) | - |  | Edit | top▲
No.1408 No subject
キョロさん。
猫達たちが、開放されて一安心しました。
車両撤去問題もあわせて解決出来れば、よかったのでしょうが、
まずは、一歩前進ですね。
2008/02/20(Wed) | なな | URL | Edit | top▲
No.1411 No subject
>ななさん、ありがとうございます。
 一気に猫達が解放され、それはそれで行き先など焦りましたが、
 全員に預かり様が決まり、少しホッとしたところです。
 車両の撤去に関しても、進んでいるようですよ。
 もう少しがんばればひと段落します。それまで気が抜けないです(^^;)
2008/02/20(Wed) | キョロ | URL | Edit | top▲